中学受験

中学受験 偏差値だけでない学校選び

中学受験 塾への要望の伝え方

塾への要望ありますか?ありますよね。ない人って少ないと思います。

より良くするための改善要望もあれば、不満に感じていることを伝えたい、など言いたいことは色々あるでしょう。

では、保護者から塾への要望とは、どのようなことが多いのでしょうか。

 

最も多いのは「先生の教え方」だそうです。個別指導塾の場合「授業のわかりやすいA先生がいいのに、わかりづらいB先生にばかり当たってしまう」とか「バイトの先生では成績が伸びないので社員の先生に教えてほしい・・・」など先生の教え方や相性によって勉強の理解度は大きく変わります。若いバイト先生は優しいし良い所を見つけて前向きに評価してくれるけれど、厳しく引っ張ってくれる力は弱い傾向にあるように思います。

 

子供自身がこの先生ではよくわからないと言うならば、先生の交代を伝えるのが得策です。我が家も子供が「授業がわからないから嫌だ」と言った先生の交代をお願いしましたが、すんなり受け入れてもらえました。

 

実際、社員よりもバイト先生の数が多い塾も珍しくありません。この点は塾側も常に気にして授業のアンケートを取るなどしていますので、先生の交代を申し出るのは気まずいことはありません。集団塾ではコース別カリキュラムがあったりで難しいかもしれませんが、伝えるだけでも授業のやり方など見直してくれることは期待できます。

 

次にあげるなら、「子供への親身の対応」です。成績を伸ばしたくて塾に入ったのに、子供は特にやる気や成績に変化は見られない。もっと相談に乗って欲しい、うちの子を面倒見て欲しい、といったことです。塾に入れば自動的にやる気が出るわけでもないのですけど、親が見つけてやれなかった「やる気スイッチ」を押して欲しい的な気持ちです。やはり高いお金を払ってプロに任せるからには、それなりの指導を期待するのが親です。

 

そして塾も同じで合格者を出さなければ存続していくことはできません。一人でも多く志望校へ合格させることを望んでいますから、具体的に相談することで答えも出るはずです。

 

塾に頼りっきりでもいけませんが、不信感を持ったままでは良い結果は望めません。気になるならダメもとで塾に伝えてみる価値はあります。どうしても不満があるなら転塾という手もありますが、6年生の夏休みでは転塾後も大変そうです。

 

成績順クラス、志望校別集団、個人指導など塾のスタイルは多様ですが、その塾が合っているかどうか子供自身が一番わかっていることでしょう。親は子供と会話し、塾を有意義なものにすることが大切です。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

名前:オサ

画像タイトル

2016年3月に中学受験を終了した子供の父親。
子供は神奈川県の中高一貫校に合格(ホッ)。
中学受験は、非常に特殊な状況で有ることを認識しつつも、面白い現象であることに気づき(子の成長の観点からも。ビジネスとしても。)、良質な情報発信を目指している。
家庭で実践した受験に役立つノウハウ紹介もしています。

同類ブログ
下記バナークリックで同類のブログが読めます。
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
最近の投稿
タグ
最近のコメント
    下剋上受験 久々の感動本
    下剋上受験読みました。久々の感動本です。ぜひご一読を。 ⇒ 下剋上受験
    中学受験 お勧め本
    野外で生きる力を得るには
    野外でいろいろな経験をさせるのが、子供の知育を育みます。 早稲田大学が主催するフィールドサイエンス教室が好評です。 ⇒ 早稲田こどもフィールドサイエンス
    受験とは関係ない大切な知識
    当サイト、中学受験のみならずしっかりした子供になるために、大切な知識を紹介するのも一つの目的です。  ⇒ 偏差値とは関係無い大切な知識
    夏休みの自由研究お助け情報
    中学受験の勉強を効率的に進めるには、夏休みの自由研究を短時間でやってしまうことも大切です。 ⇒夏休みの自由研究お助け情報
    【動画】植物の名称クイズ
    植物の名称を覚える動画を作成しました。 ⇒ 【動画】中学受験 理科 植物名称
    地方の特産品を覚える方法
    小学生が地方の特産品を覚えるのは、かなり大変です。家族で楽しく、地方の特産品を覚える方法を紹介します。 ⇒ 地方の特産品を楽しく覚える方法
    カテゴリー