中学受験

中学受験 偏差値だけでない学校選び

中学受験 塾以外の習い事をどうする?

受験する子の「習い事」どうしていますか?

せっかく5年間も続けてきたのにもったいないとか、子供が好きでやっているのだから・・・などで習い事をやめさせるのをためらう気持ちはあります。しかし勉強時間を確保し集中するためにはある程度は削らなければならないことは親も子もわかっています。

ではこれまで受験した子はどのように習い事に対処したのでしょうか。

ベネッセ教育総合研究所が調査したアンケートによると(H25.3月)中学受験を経験した小学6年生の中で、なんらかのスポーツ活動していた子は52.4%、芸術活動(楽器の練習、絵画・造形、バレエなど)は36.5%が、6年生でも定期的に続けていたそうです。進学塾への通塾率が71.8%ですから、多くの受験生が両立していたことがわかります。

実際に知り合いの男の子は、6年生の12月までスイミングスクールを続けて年明けから受験が終わるまで休会して偏差値74の難関校に合格しました。できる子だった・・ことも確かですが、習い事によってバランスがとれていたとも想像できます。水の中で泳ぐことは勉強で緊張した頭と身体を効率よくほぐしてくれますから。大手塾の掲示板では習い事があったから受験を乗り越えられたという投稿を見かけます。

そうなると単に習い事は受験勉強の妨げになるだけではなく、もっと有効な活かし方があるように思えます。例えば競技大会のあるスポーツや発表会のあるピアノでは、すべてが個人のペースというわけにはいかないので大変です。発表会までに曲の演奏完成度をあげるため自宅練習を余儀なくされるでしょうし、プレッシャーもあるでしょう。しかし週一のスポーツ教室や自分のペースでやる芸術活動ならば気分転換になりますね。

学校から帰ったら塾と自宅学習で目一杯ですし、志望校によっては睡眠時間さえ減らしてがんばらないことには合格に手が届かないのが受験です。それでも子供本人が習い事を続けたいという強い気持ちがあればやらせてあげるのも肯定感アップにつながるのでしょう。

低学年の頃はいくつかやっていた習い事も、高学年になるとどうしてもやめたくない一つに絞られていくと思います。それが「好きなこと」を見つけたってことなのかもしれません。

「習い事には行きたいけれど勉強する時間が減るのは困る」または「これだけはやめたくない」、どちらにしても自分で選択できるのが一番です。

とは言え、塾代だけでも馬鹿にならない上に習い事を続けるのは経済的に厳しいですね。

今のところ、どうしても体操教室をやめたくない6年生のいる我が家ですが、優先順位やバランスを考えながらリードしていけたらと思っています。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

名前:オサ

画像タイトル

2016年3月に中学受験を終了した子供の父親。
子供は神奈川県の中高一貫校に合格(ホッ)。
中学受験は、非常に特殊な状況で有ることを認識しつつも、面白い現象であることに気づき(子の成長の観点からも。ビジネスとしても。)、良質な情報発信を目指している。
家庭で実践した受験に役立つノウハウ紹介もしています。

同類ブログ
下記バナークリックで同類のブログが読めます。
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
最近の投稿
タグ
最近のコメント
    下剋上受験 久々の感動本
    下剋上受験読みました。久々の感動本です。ぜひご一読を。 ⇒ 下剋上受験
    中学受験 お勧め本
    野外で生きる力を得るには
    野外でいろいろな経験をさせるのが、子供の知育を育みます。 早稲田大学が主催するフィールドサイエンス教室が好評です。 ⇒ 早稲田こどもフィールドサイエンス
    受験とは関係ない大切な知識
    当サイト、中学受験のみならずしっかりした子供になるために、大切な知識を紹介するのも一つの目的です。  ⇒ 偏差値とは関係無い大切な知識
    夏休みの自由研究お助け情報
    中学受験の勉強を効率的に進めるには、夏休みの自由研究を短時間でやってしまうことも大切です。 ⇒夏休みの自由研究お助け情報
    【動画】植物の名称クイズ
    植物の名称を覚える動画を作成しました。 ⇒ 【動画】中学受験 理科 植物名称
    地方の特産品を覚える方法
    小学生が地方の特産品を覚えるのは、かなり大変です。家族で楽しく、地方の特産品を覚える方法を紹介します。 ⇒ 地方の特産品を楽しく覚える方法
    カテゴリー