中学受験

中学受験 偏差値だけでない学校選び

中学受験生の夏休み 親のサポートって何をする?

夏休みに入り、我が家の受験生は塾での夏期講習を受ける毎日になりました。

この時期一日の大半を塾で過ごす6年生も多いのではないでしょうか。塾での時間が終わって帰宅後、ゆっくりさせてあげたい・・・ところですが塾の宿題が山積み状態。

そこで、この夏休み中学受験する子の親のサポートとは、どんなことをすればよいのでしょうか。

まず中学受験セミナーで教わったことですが。小学生向け新聞を一緒に読むことにしました。本来は記事をまとめる、ノートに感想文を書く、などすると理想的なのでしょうが、ちょっとそんな余力はなさそうなので新聞の音読から始めることにしました。これだけでも時事のニュースを一通り頭の片隅に置くことができますし、知らない言葉が出てきたらその場で親が教えてやれます。「疑問に即答」を繰り返すと知識は増えます。

また日本各地の特徴(地形や産業農産物)をスポットで紹介していたり、歴史マンガもあるので楽しく読んでいます。

他には記憶系の学びだけでなく、頭の柔軟性や想像力にも役立てられます。連載マンガの展開を親子で予想し合ったり、小説の感想を話し合ったりするだけでも良い感じです。どんなささいなことでも自分の心に浮かんだ不定形な想いを言葉にしてみる練習です。鉛筆を持って紙に書くよりも言葉が出やすく、よくありがちな予想や感想に終わることを避けられるように思います。人の脳はリラックスしている時にアイデアを生み出すと言われますから、親子の自然体な会話の中から出て来る言葉や発想も有意義なのでしょう。

当然のことながら、小学生向け新聞には受験情報が満載です。公立中高一貫校適性検査の模擬問題から学校説明会の活用法など記事は幅広いので、親にとっても勉強になります。

そして、もうひとつサポートできることは、生活リズムを作ることでしょう。一般的に言われていることですが、安定した生活リズムが安定したメンタルにつながり、ひいては安定した偏差値に繋がるのだそうです。生活にムラがあると成績が乱高下しやすい傾向にあり偏差値が上がったかと思うと下ったりで安定しないのだとか。これはわかる気がします。そのために我が家は寝る時間や起きる時間を一定になるよう声がけしています。

最後に「サポートしようとしないこと」。これ大事ですね。的外れなサポートは子供のプレッシャーになるだけです。塾代を払い、食事を作り、勉強についてはどうこう言わない、これで充分だとか。親も正しくがんばらないといけません。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

名前:オサ

画像タイトル

2016年3月に中学受験を終了した子供の父親。
子供は神奈川県の中高一貫校に合格(ホッ)。
中学受験は、非常に特殊な状況で有ることを認識しつつも、面白い現象であることに気づき(子の成長の観点からも。ビジネスとしても。)、良質な情報発信を目指している。
家庭で実践した受験に役立つノウハウ紹介もしています。

同類ブログ
下記バナークリックで同類のブログが読めます。
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
最近の投稿
タグ
最近のコメント
    下剋上受験 久々の感動本
    下剋上受験読みました。久々の感動本です。ぜひご一読を。 ⇒ 下剋上受験
    中学受験 お勧め本
    野外で生きる力を得るには
    野外でいろいろな経験をさせるのが、子供の知育を育みます。 早稲田大学が主催するフィールドサイエンス教室が好評です。 ⇒ 早稲田こどもフィールドサイエンス
    受験とは関係ない大切な知識
    当サイト、中学受験のみならずしっかりした子供になるために、大切な知識を紹介するのも一つの目的です。  ⇒ 偏差値とは関係無い大切な知識
    夏休みの自由研究お助け情報
    中学受験の勉強を効率的に進めるには、夏休みの自由研究を短時間でやってしまうことも大切です。 ⇒夏休みの自由研究お助け情報
    【動画】植物の名称クイズ
    植物の名称を覚える動画を作成しました。 ⇒ 【動画】中学受験 理科 植物名称
    地方の特産品を覚える方法
    小学生が地方の特産品を覚えるのは、かなり大変です。家族で楽しく、地方の特産品を覚える方法を紹介します。 ⇒ 地方の特産品を楽しく覚える方法
    カテゴリー