中学受験

中学受験 偏差値だけでない学校選び

中学受験のポイント 塾選び

ある程度偏差値の高い中学校の中学受験に合格出来るかどうかのポイントは、塾選びと言っても過言ではありません。

なぜなら、公立小学校で習っている内容をいくら完璧にしても、偏差値の高い中学校の中学受験には太刀打ちできないからです。

これらの中学校の入試問題は、文部省の規定している小学校の学習内容を超えた問題が出されます。

これでは、普通の小学生が、かなうわけがないわけです。

これは、この状況が良いか悪いかではなく、これが事実なのです。

世の中にあまたある中学受験塾の内、どこを選ぶかはかなり重要なポイントです。

大半のご家庭では、中学受験において、塾に通うことが大前提となると思います。

もちろん、自宅学習で親と子供のマンツーマンという方法もありますが、私も夫も教える程の学力、そして時間は無いので、塾に頼らざるを得ませんでした。

これから中学受験を考えているご家庭は塾の選択に迷うと思います。塾が合うか合わないかによって、中学受験の成否が分かれると言っても過言ではありません。

真っ先に塾の候補として考えるのは、大手の進学塾だと思います。広告を見ていても、早慶xxx名、御三家xxx名!と大々的に合格実績をアピールしております。

どうしても合格実績に目を奪われがちなので、入塾すれば我が子も合格できてしまう!?と錯覚してしまいそうですが、それだけを判断基準にしてはいけません。

結論から申し上げると、自分の子供が、その塾に合うか合わないかという基準だけです。別の言い方をすると、子供のやる気を引き出し、楽しく学べるかどうかということになります。

中学受験は陸上競技に例えると、短距離ではなくマラソンになります。

それも平坦なコースではなく、山あり谷ありの起伏が何度もあるコースだと思います。この長い起伏を走破するために、子供の勉強に対する意欲を与え続けてくれる

塾が最適な塾だと思います。

ご家庭で塾選びをする際に、よくたどる経緯を投稿して頂いた方がおられましたので、以下にご紹介します。

 

=======<投稿内容>======

我が家の塾選びに関するお話が、皆様の判断材料に役立てればよいなと思い、ご紹介致します。

我が家は長男が小学4年生の10月に中学受験をしようと決めたので、そこから塾選びを始めました。

当時、四谷大塚が「全国統一テスト」というのをTVで宣伝していたので、受けてみることにしました。

試験を受けて数日後、四谷大塚の渋谷校から連絡があり、「試験結果が出たので、面談したい」とのことでした。

面談日当日は、中学受験に反対!?の夫も渋々同伴してもらいました。

面談の個室に通され、四谷大塚渋谷校の責任者の方が説明してくれました。試験結果を様々な角度で分析され、息子の傾向を、データに基づいた内容で示して戴き、

とてもよく理解できました。また、塾のカリキュラムや方針なども説明を受け、長男の成績から準会員のクラスで入塾できるとのことでした。

面談を終えた後の帰り道に夫が言いました。

「小学生に予習をするのって無理じゃないの~」。

四谷大塚は”予習が主体”とのことなので、夫はこの感想を漏らしました。

他の塾とも比較したかったので、日を改め、日能研の松戸校を訪ねました。説明には塾の責任者の方が対応してくれました。

この日も中学受験に反対の夫を同伴し、日能研のカリキュラムや方針などを一通りして戴きました。

いつもの通り、悲観的な夫に感想を聞いてみたところ、意外な返答でした。「予習しなくていいんだね。四谷大塚と逆だね!子供にはいいね~」とのこと。

日能研の方針は「復習が主体」ということなので、夫はこのように言ったのだと思います。

実は、私も良い印象を受けました。ちょうど授業の休み時間だったのですが、いろいろな生徒が先生に対して話しかけていました。○○先生と呼ぶのではなく、

あだ名で呼んでおり、先生と生徒の距離感が無く、アットホームでした。また、目に留まったのが、廊下のあちこちに、綺麗に手書きで学校情報や受験情報が記入された

模造紙が張られており、教務スタッフや先生方の手作り感の熱意と暖かさを感じました。

松戸駅周辺には、SAPIXや早稲田アカデミーもあったので、念のため夫に、説明をきくかどうかを問いかけしたところ、

「もう他の塾の説明はいらないよ。日能研の責任者の方が良い感じだったので、長男もうまく溶け込めそうだね!」と言いました。

不思議なもので、塾の責任者の人柄や考え方が、その塾の全体の雰囲気を作り出します。

その雰囲気が、子供にあいそうかどうかを判断基準にするのが良いと思いました。

======<投稿終了>======

超具体的な塾名でご紹介頂きました。

夫婦間の意見の相違、決める時の瞬間等、身に覚えが有る方も多いのでしょうか?

意外と直感は大切です。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

名前:オサ

画像タイトル

2016年3月に中学受験を終了した子供の父親。
子供は神奈川県の中高一貫校に合格(ホッ)。
中学受験は、非常に特殊な状況で有ることを認識しつつも、面白い現象であることに気づき(子の成長の観点からも。ビジネスとしても。)、良質な情報発信を目指している。
家庭で実践した受験に役立つノウハウ紹介もしています。

同類ブログ
下記バナークリックで同類のブログが読めます。
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
最近の投稿
タグ
最近のコメント
    下剋上受験 久々の感動本
    下剋上受験読みました。久々の感動本です。ぜひご一読を。 ⇒ 下剋上受験
    中学受験 お勧め本
    野外で生きる力を得るには
    野外でいろいろな経験をさせるのが、子供の知育を育みます。 早稲田大学が主催するフィールドサイエンス教室が好評です。 ⇒ 早稲田こどもフィールドサイエンス
    受験とは関係ない大切な知識
    当サイト、中学受験のみならずしっかりした子供になるために、大切な知識を紹介するのも一つの目的です。  ⇒ 偏差値とは関係無い大切な知識
    夏休みの自由研究お助け情報
    中学受験の勉強を効率的に進めるには、夏休みの自由研究を短時間でやってしまうことも大切です。 ⇒夏休みの自由研究お助け情報
    【動画】植物の名称クイズ
    植物の名称を覚える動画を作成しました。 ⇒ 【動画】中学受験 理科 植物名称
    地方の特産品を覚える方法
    小学生が地方の特産品を覚えるのは、かなり大変です。家族で楽しく、地方の特産品を覚える方法を紹介します。 ⇒ 地方の特産品を楽しく覚える方法
    カテゴリー