中学受験

中学受験 偏差値だけでない学校選び

浅野学園 学校説明会に行ってきました

5月18日(土)浅野学園学校説明会に行ってきました。以下、内容を記します。

[校長より]

教員を見て頂きたい。

工事中のため、今年の部活体験会はできないので、文化祭や体育祭にぜひどうぞ

寄付は任意であり、強制的に徴収されるものでもない

神奈川県の青少年白書2012の結果

自己肯定感があるか       小学生 25%   中学生 29%

将来の夢・目標はあるか  小学生 14%  中学生 29%

これに対して浅野では、高1の生徒に、授業中に好きな漢字を尋ねたところ、愛、友、親、夢、という答えが多かった。

入学式の式辞や中一生に対する朝礼で、「君たちの夢を信じたい。道は多く可能性がある。どうか夢を持ってください」と話した。学校は夢を応援する場。生徒一人一人の考えや覚悟を芽吹かせ、枝葉を茂らせる6年間である。

夢は変化するが、この変化は行事や日常を通して現れる。

校長に就任してからの3年経ち、体育館と図書館を新築した。

IT革命に対しては、この春から各教室にプロジェクターを導入。図書館ではPCやタブレットを使える。タブレットで本の検索ができるイメージ。

グローバル教育については、大学がやらなくなってきているリベラルアーツ。自分を主張でき、コミュニケーションをしっかりとれる、世界に出て伍してやっていける生徒を育てたい。たんに外国に修学旅行に行けばよいとは考えない。

「燃え尽きた生徒を大学に送り出したくない」というのがひとつの姿勢だ。

[先生方によるQ&A]

Q ついていけなくなったらどうするか

A 不振にならないために

     授業を大切にする。ノートづくり。

② 昼休みや放課後に質問に行く

③ 家庭学習 かなり宿題が出るが、宿題とは別に2時間ぐらいの学習時間を

④不振者を出さない工夫としては、教科担当と連携して早めに手を打つ。教室の環境を整えることも大事。

Q 学校からのアプローチ

A授業を大切に、自宅で学習を再現できるノートを、と言っている。ノート点検もする。小テストを通じて、家庭学習を把握する。中学では難しいことはやらない。コミュニケーションをとる。数学については、授業を大切にさせて、ノート点検をして、とりこぼしがないようにしていきたい。

Q 部活について。文武両道というが

A主体的にやっている。日程はクラブによりで、ほぼ毎日のところもある。文化部は週3回ぐらいが多い。

5時限が15:10まで、HRなどが15:40まで。それから部活になるが、夏でも17:30までで、18:00完全下校。

Q進学校として

A進学指導部には11名の教員がいる。模試のデータ分析などでも連携している。何より授業を大切に。

Q 図書館について

A56年かけて、7万冊をそろえる。洋書もそろえる。能動的に学ぶしかけをしたい。自分で問題をもち、解決しようという環境を用意する。司書教諭が教壇に足すこともありうる。大学教授を招いて、話を聞く場としても良い。

Q通学時間

A徒歩圏~静岡から新幹線通学している学生もいるが、1か月もすると慣れてくるようだ。

Q英語

A中1:週6時間なので毎日ある。教科書はtreasure(Z)など。教科書の内容を、いかに一生定着させるように教えるかが大事。

Q工事中の部活動と文化部について

A知恵を出し合って交代でつかっている。文化部は高校生になるとクラスの半分ぐらいいるイメージ。文化部は文化祭で活躍の場もある。化学オリンピックでは、最終選考まで残った。

Q 塾いらずは本当か

A中学では授業を大切にすればOK。高校では、授業+αが必要で、自主的に塾に通う生徒は高1頃からいる。予備校の自習室を利用する生徒もいる。高校になると通塾者は多くなっていくが、塾なしで現役合格者もいた。

卒業生を招いてのディスカッションでも、卒業生のほうから「塾いらず」と語ってくれることがある。

Q中学から高校へは全員いかれるか

A併設型なので、中3⇒高1は希望者全員が進学できる。この2年間を分断せず、継続することに意味がある。学力的にも人間的にも壁にぶつかり、道をみつける。最良の方法を。高2に上がるときは単位制になる。

[学校紹介DVD]

訪問地の例

長崎、蓼科(おやき、紙漉き、バスケットづくり、かんじき、わら縄リース)、農業体験、京都、志賀高原(中学スキー)、フルーツランド

専任教員の割合は77%。職員室、校長室はオープン。

[校舎見学]

小グループに分かれて、先生が案内してくれました。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

名前:オサ

画像タイトル

2016年3月に中学受験を終了した子供の父親。
子供は神奈川県の中高一貫校に合格(ホッ)。
中学受験は、非常に特殊な状況で有ることを認識しつつも、面白い現象であることに気づき(子の成長の観点からも。ビジネスとしても。)、良質な情報発信を目指している。
家庭で実践した受験に役立つノウハウ紹介もしています。

同類ブログ
下記バナークリックで同類のブログが読めます。
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
最近の投稿
タグ
最近のコメント
    下剋上受験 久々の感動本
    下剋上受験読みました。久々の感動本です。ぜひご一読を。 ⇒ 下剋上受験
    中学受験 お勧め本
    野外で生きる力を得るには
    野外でいろいろな経験をさせるのが、子供の知育を育みます。 早稲田大学が主催するフィールドサイエンス教室が好評です。 ⇒ 早稲田こどもフィールドサイエンス
    受験とは関係ない大切な知識
    当サイト、中学受験のみならずしっかりした子供になるために、大切な知識を紹介するのも一つの目的です。  ⇒ 偏差値とは関係無い大切な知識
    夏休みの自由研究お助け情報
    中学受験の勉強を効率的に進めるには、夏休みの自由研究を短時間でやってしまうことも大切です。 ⇒夏休みの自由研究お助け情報
    【動画】植物の名称クイズ
    植物の名称を覚える動画を作成しました。 ⇒ 【動画】中学受験 理科 植物名称
    地方の特産品を覚える方法
    小学生が地方の特産品を覚えるのは、かなり大変です。家族で楽しく、地方の特産品を覚える方法を紹介します。 ⇒ 地方の特産品を楽しく覚える方法
    カテゴリー