中学受験

中学受験 偏差値だけでない学校選び

早稲田アカデミー主催 開成・麻布・栄光・聖光 4校徹底分析研究会に行ってきました。

本日(8/25)、早稲田アカデミー主催の「開成・麻布・栄光・聖光 4校徹底分析研究会」に行ってきました。

開催会場は、品川の高輪口を出て徒歩5分の「TKPガーデンシティ品川」という立派な会場。一つの説明会場では人が入りきらず、2つの部屋を利用して開催したという盛況ぶり。ざっと400人位はいたでしょうか?

早稲田アカデミーの中で、開成中学、麻布中学、栄光学園/聖光学院の専門の専門の講師が、それぞれ、各校の特徴を説明するという内容で、話は面白かったです。

 

特徴的なのは、やはり麻布。「自由な校風」とういうことばが何度も出てきました。本当かどううか不明ですが、麻布の校則は3つ「麻雀禁止」、「校内で鉄下駄禁止」、「授業中の出前禁止」とのこと。合格した生徒のビデオが流されましたが、「思った以上のことが起きる学校だが、自分の頭で考え、将来どの様なことにも立ち向かえる人間が出来る。」とのコメントが有りました。「東大に入るのは結果で有って、そんなことのために6年間を使っている訳ではない。」と学校も言っているが、負け惜しみか?なんて説明も有りました。

 

開成は、言わずと知れた東大合格者数No.1の学校。開成の子どもを持っていると、親の信用度が上がり、融資を得やすくなったとの、ビデオの親コメントがありました。

 

栄光学園は、自由と規律が明確な学校とのこと。遅刻をしたら入室出来ない。陸軍のイメージだそうです。有名な裸体操もあります。

 

聖光学院は、先生の面倒が良く、宿題を細かく添削してくれる。紳士になるには、献身と学識が必要との考えで運営されているとのことです。

 

どの学校が良いのか、難かしいものですね。

 

そういえば、分かり易い学費の説明が有りました。こお4校共、6年間にかかる学費は約5百万円。通常の公立中学高校は6年間で百万円。しかしながら、通常の公立に行きながら、塾に行くと、塾代は年50~100万円。塾に6年間行くことを考えると、これら4校の学費は必ずしも高くなにのでは。ということでした。

配布された徹底分析資料は、かなりレアな内容で、これらを見れたのは、価値がありました。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

名前:オサ

画像タイトル

2016年3月に中学受験を終了した子供の父親。
子供は神奈川県の中高一貫校に合格(ホッ)。
中学受験は、非常に特殊な状況で有ることを認識しつつも、面白い現象であることに気づき(子の成長の観点からも。ビジネスとしても。)、良質な情報発信を目指している。
家庭で実践した受験に役立つノウハウ紹介もしています。

同類ブログ
下記バナークリックで同類のブログが読めます。
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
最近の投稿
タグ
最近のコメント
    下剋上受験 久々の感動本
    下剋上受験読みました。久々の感動本です。ぜひご一読を。 ⇒ 下剋上受験
    中学受験 お勧め本
    野外で生きる力を得るには
    野外でいろいろな経験をさせるのが、子供の知育を育みます。 早稲田大学が主催するフィールドサイエンス教室が好評です。 ⇒ 早稲田こどもフィールドサイエンス
    受験とは関係ない大切な知識
    当サイト、中学受験のみならずしっかりした子供になるために、大切な知識を紹介するのも一つの目的です。  ⇒ 偏差値とは関係無い大切な知識
    夏休みの自由研究お助け情報
    中学受験の勉強を効率的に進めるには、夏休みの自由研究を短時間でやってしまうことも大切です。 ⇒夏休みの自由研究お助け情報
    【動画】植物の名称クイズ
    植物の名称を覚える動画を作成しました。 ⇒ 【動画】中学受験 理科 植物名称
    地方の特産品を覚える方法
    小学生が地方の特産品を覚えるのは、かなり大変です。家族で楽しく、地方の特産品を覚える方法を紹介します。 ⇒ 地方の特産品を楽しく覚える方法
    カテゴリー